多焦点眼内レンズ(先進医療実施施設)|大阪市 平野区 眼科高橋クリニック|先進医療認定機関

眼科高橋クリニック

06-6760-7622

  • 文字サイズ
  • 拡大
  • 標準

多焦点眼内レンズ

白内障手術の多焦点眼内レンズにおいて先進医療を用いて提供が可能です

当院は、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術において、厚生労働省から先進医療認定機関として承認されています。

厚生労働省認定の先進医療実施施設先進医療は、保険診療で認められている医療の水準を超えた最新の先進技術として、厚生労働省が認めた医療機関のみが実施できる医療技術のことです。

これにより手術前後の診察、検査、薬代の費用が保険適用となります。また、民間の生命保険等の手術給付金や先進医療特約の支払い対象となり、患者様の経済的な負担が軽減される場合があります。

先進医療についての詳細は、お気軽にお問い合わせください。

多焦点眼内レンズとは?

白内障手術の時に遠近両方にピントを合わすことができる多焦点眼内レンズを目の中に挿入することが可能になりました。

一般的な白内障手術で使用される単焦点の眼内レンズでは、ピントの合う点が1点のみになるため、遠方の見え方を重視すると近方はピントが合わないために老眼鏡が必要になります。また逆に近方の見え方を重視すると、遠くを見るときには近視用のメガネが必要になります。

これらの単焦点の欠点を補い、登場したのが多焦点眼内レンズです。日常生活においてはメガネを使わずに遠くから近くまで見ることができるため、よりメガネに頼らずに生活することが可能になります。

多焦点眼内レンズとは

眼内レンズの種類

多焦点眼内レンズには、各種特長がそれぞれ違いますので、診察の際にご説明させていただきます。
乱視の強い方には、乱視を軽減する眼内レンズを挿入することも可能です。

先進医療保険対応可能レンズ
アルコン社 HOYA社 AMO

アクリソフIQ ReSTOR
( IQレストア)

ISii(アイシー)

テクニスマルチフォーカル

完全オーダーメイドのプレミアム多焦点眼内レンズ

レンティスMプラスは、ドイツOculentis社が製造しており、現時点で世界最高の性能を持つ次世代型の多焦点眼内レンズです。他の多焦点眼内レンズと比べ、光学的ロスが約1/4に軽減されており、夜間のハロー・グレア現象が少なく、夜間の運転が多い方にもおすすめのレンズです。
また、遠視や近視だけでなく、強い乱視にも対応した眼内レンズです。白内障と同時に、老視、遠視、近視、乱視を治すことができます。
特に、LENTIS Toric(乱視矯正)レンズは屈折度数0.01D刻みで矯正が可能で、これは他の眼内レンズの50倍もの精度です。

当院では、このレンティスの取扱いが可能です。
また、レンティスとともに回折型のプレミアムレンズのファインビジョン、ミニウェルの取り扱いもございますので診察時にご相談ください。

自由診療
ドイツ
Oculentis社

レンティスMプラス