レーザー治療|大阪市 平野区 眼科高橋クリニック|糖尿病網膜症 網膜裂孔 網膜静脈閉塞症 など

眼科高橋クリニック

06-6760-7622

  • 文字サイズ
  • 拡大
  • 標準

レーザー治療

眼底のレーザー治療とは

最新型のレーザー光凝固装置を導入し、糖尿病網膜症、網膜裂孔、緑内障、網膜静脈閉塞症等の治療を行っています。

レーザー治療を要する代表的な病気(適応疾患)

糖尿病網膜症

糖尿病の合併症の一つで網膜の毛細血管が閉塞して血のめぐりが悪くなり、硝子体の出血や黄斑部の浮腫、さらに進行すると牽引性の網膜剥離を起し視力が低下します。
この病気は自覚症状に乏しく初期状態では投薬による治療を優先しますが、進行している場合には、網膜症に対してレーザー光凝固などで病状の進行を抑制する治療が必要になります。

網膜裂孔

網膜と硝子体が癒着していて網膜がジェル状の硝子体にひっぱられてビリっと破れた状態を網膜裂孔と言います。
そのまま放置していると網膜剥離となる可能性が高いため、裂孔の周囲をレーザーで焼いて固め、それ以上広がったり、そこから硝子体の水分が網膜の下に入り込まないようにします。

網膜静脈閉塞症

網膜の静脈に血栓ができて血液が流れなくなる病気で主に浮腫や眼底出血が起こります。また高齢で高血圧の人がかかりやすいのも特徴です。
放置していると、黄斑浮腫や硝子体出血、緑内障など合併症を引き起こし高度な視力低下に陥る場合があります。
血栓によりつまっている領域の網膜は、循環が悪いため酸素不足になり、硝子体出血など合併症の要因になるため、レーザー治療により網膜の出血や浮腫の吸収の促進をはかり、病状の進行の抑制と視機能の維持を行います。