白内障の日帰り手術|大阪市 平野区 眼科高橋クリニック|視界がかすむ など

眼科高橋クリニック

06-6760-7622

  • 文字サイズ
  • 拡大
  • 標準

白内障の日帰り手術

白内障とは

目の中の水晶体が加齢とともに濁ってくるため光を遮りものがぼんやり曇りガラスのように見えにくくなる状態のことを言います。病気というより一種の老化現象です。
ただメガネをかけてよくなるものではなく、治療法として症状が進行していない場合には、点眼にて進行を予防し、経過観察を行うことになります。
白内障が進行し、日常生活に不便をきたすようになりましたら、濁った水晶体を取り除く手術が必要です。
水晶体を取り除いた後は、網膜にピントがあわない状態になりますので、そこに水晶体の代わりとなる眼内レンズを埋め込みます。

白内障の症状

白内障になると、下記のような症状が出てきます。進行すれば視力が低下してきます。

  • 視界がかすんで見える
  • 以前に比べて光のまぶしさが増す
  • どんなに調整しても眼鏡があわない
  • ぼやけて二重、三重に見える
白内障の見え方のシュミレーション レンズの働きをする水晶体が白く濁るため、目の前に霧がかかったようになります。

当院の極小切開での白内障手術について

白内障の手術は、濁った水晶体を取り除く手術ですが、現在は主に超音波で水晶体を乳化して吸引する超音波白内障手術が主流になっています。
この際、当院では1.8mm~2.5mmという極小切開での手術が可能(従来は約3mm)で極わずかな傷口しか必要とせず、縫うこともない無縫合手術によって、術後の乱視へのリスクや感染症へのリスクを軽減いたします。また、目の状態など個人差はありますが、手術時間も7~10分の短時間ででき、麻酔も点眼のみで患者様の不安・負担を軽減いたします。
翌日から普段の生活を送ることができ、入院費用が一切かかりません。

  • 1. 点眼と局所注射による麻酔後、水晶体を包んでいる袋を切開します。
  • 2. 濁った水晶体の中身を超音波で砕いて取り除きます。
  • 3. 人工水晶体(眼内レンズ)を挿入します。
  • 4. 水晶体の袋の中に透明な眼内レンズがおさまります。

当院での白内障手術の流れ

手術日決定
  • ・医師から検査結果の説明があります
  • ・手術同意書をお渡しいたします
  • ・手術の説明をさせて頂きます
手術前日
  • ・入浴、洗髪をしておいて下さい
手術当日
  • ・普段通りに食事を済ませ、内服中のお薬も飲んで頂けます
  • ・体温計、血圧測定を行います
  • ・点眼を行い、手術を待って頂きます
  • ・消毒を行い手術開始です
    (白内障の進行具合や目の状態によりますが、7~10分程度です)
  • ・安静後、体調などに異常なければ帰宅して頂けます
  • ・厳格な術後管理が可能と医師が判断した場合は、その日のうちから眼帯ではなく透明なメガネで帰宅して頂けます
術後の注意点
  • 術後は目を強く押さえることは控えてください。
  • 清潔を保つようにつとめてください。
  • 洗顔、入浴、洗髪については医師の指示に従ってください。
  • 決められた回数の点眼を必ず継続してください。